研究開発の取り組み

燃料電池を用いた窒素ガス生成

 マイクロコントロールシステムズ(MCS)(株)の経営の基本的な考えは「人々が暮らしやすいエコ環境社会の実現に貢献する商品を提供する」ことを基本理念とし、環境を大切に、社会のニーズに応える企業活動を推進しています。

 MCSは研究開発として省エネ、エコで環境にやさしい社会を標榜しています。世界の潮流であるカーボンニュートラルに伴うグリーン戦略の一翼を担う水素社会に対応する先端技術の研究開発を行っています。その中で再生エネルギーでも作られ、環境にやさしい水素エネルギーを用いる燃料電池を用いた応用製品を開発しています。

ディープラーニング部品カウンター

又、現在主流となりつつある、AIの要素技術のディープラーニングにも積極的に取り組んでおります。ディープラーニングの製造への応用例としてディープラーニングを使用したX線装置リール部品カウンターをご紹介します。