Q:「必要なところに必要な照度を確保」と書かれていますがどういうことですか?

A:MCSは、工作機械用に開発されたLEDレンズをさらに進化させ、屋内、屋外の広い範囲を照明するために「LW(Long Wide)レンズ」を開発しました。LWレンズを複数個使用することにより、お客様の設置場所とご希望照明を考慮してレンズの光線を3次元で向きを変える配光技術を使って照明設計を行います。これにより無駄な電力を使わず、最小限の電力で最大限の照度を確保します。
.
特許申請し、LEDレンズ、それを用いた照明装置、照明方法に関する2件の特許が登録されています。

特許第5641544号 「配光分散制御型LED照明デバイス、装置及び照明方法」
特許第5641547号 「配光分散制御型LED照明装置及び該装置を用いた照明方法」

Q:広い駐車場や特殊な設置条件でのLED照明灯の照明設計はしてくれるのですか?

A:駐車場、道路のLED照明は、地方自治体のような公共機関の発注依頼が多くなります。そのため、地方各地の建物、駐車場、道路等の設計事務所からのご要望がありましたら、ご相談下さい。

LED照明灯は、お客様が希望される照明要望をその都度お聞きし、その設置場所条件に合った照明設計を行っています。

広い駐車場などは、車の進入方向、駐車の並びに考慮して配光を設計しています。また、駐車場、公園に隣接する民家等に光が漏れ、光害とならないように配慮して設計しています。このような照明をご検討している場合、遠慮なしにお問い合わせください。

ご要望に合わせた照明設計が出来るのは、正にLWレンズがあるからです。既に広い駐車場の照明設計を行いました。駐車場の中の1ブロック(32m×16m)を10W程度の電力の外灯4基でカバーする照明設計も行っています。

実際に、佐久市の中央公民館の駐車面積6000平米を21基のLED照明灯で全領域をカバーし、LED照明灯に投入した全電力(21基)が700W以下で、最低照度2ルックス以上で、全駐車面積の平均照度が9以上ルックスを実現しています。

LED外灯照明器は外販するのですか?

A: 外灯は、地域自治体等の公共の施設、場所に設置される場合が多いので、全てMCS単独でソラミールや外灯を工事することは難しい場合があります。したがって、広く本照明機器を使って頂くために、ご相談の上照明器を外販しています。ご要望があれば「info」にご相談お願いします。

Q:リチウム蓄電池の品質は大丈夫ですか?  

A:リチウム蓄電池は国内一流メーカー品を使用しています。国内の極寒地での使用状況も確認しています

Q:搬入や設置工事も行ってくれますか?   

A:ソラミールは通常では「車上渡し」と言って、トラックなどに積んで運搬し、現場到着したら荷解きをして、車の上で引き渡すことになります。

しかし、設置工事まで請け負ってほしいなどのご依頼もありますので、そのつどお客様と話し合い、契約をしております。

Q:基礎工事が必要とのことですが、指導や工事をしてくれますか?       

A:ソラミールは強風にも耐えられるように製造されています。基礎工事も同じように強風や地震に耐えられる構造にしなければなりません。

アンカーボルト付きのコンクリート基礎が必要ですが、これは通常では建築・土木関係の会社が工事を行います。すべての案件に対し工事に必要な指導をしております。出来合いのコンクリート基礎を使う場合と型枠を組み現場でコンクリートを流し込んで製作する方法などがあります。

いずれも現場に適合する方法でご指導させていただいております。気軽にご相談下さい。

Q:商用電源を用いたLED照明灯も対応しているのですか? 

A:はい、対応しております。商用電源のケーブルが敷設出来れば、商用電源用のホールが使用出来ます。ソラミールの照明技術を用いて、既存の水銀灯、蛍光灯外灯のポールを利用して、灯具を交換して、より省電力、長寿命のLED照明灯も対応しています。
 設置条件により、照明の配光、照度などのご注文にも、相談頂ければ対応致します。ご気軽にご相談下さい。詳細は以下の『商用電源対応外灯』をご覧下さい。